2015年度第3回サイエンスカフェプラス(通算第27回)を情報学部情報学研究推進室のイベントを協賛して開催します

今年度3回目のサイエンスカフェプラスinはままつのご案内です.

11月25日(木)に,本学情報学部の情報学研究推進室が主催するイブニングセミナーを協賛する形で開催いたします.
どうぞ,お誘い合わせの上ご参加ください.

開催場所は情報学部第2号館(浜松キャンパス北端)2階の情24教室です.
今回の講演者として,情報科学科,情報社会学科の新進気鋭の若手教員の先生か
ら狩野先生,中澤先生,増澤先生にお願いして,お引き受けいただけることにな
りました.

テーマは「若手教員の考える『情報学』」です.
各講演者の演題については,追ってお知らせいたします.

教職員,学生,一般の方々,どなたでも自由に参加いただけます.
また,今回もサイエンスカフェプラス in 浜松に協賛していただいております.

============================================
【開催要項】
第6回情報学イブニングセミナー
「若手教員の考える『情報学』」

<日時>
平成27年11月25日(水) 17:00-18:50

<場所>
静岡大学 情報学部2号館 24教室

<講演者>
17:00~17:40
中澤 高師(情報社会学科・講師)
「情報学から見る迷惑施設問題」
ごみ処理場、刑務所、飛行場、基地、社会福祉施設、原発、風力発電などの施設
は、その「必要性」が主張される一方で、周辺地域にあたえる影響から地域住民
の反対を引き起こします。こうした迷惑施設問題に、情報学的な観点からどのよ
うにアプローチできるのかを考えます。

17:40~18:20
増澤 智昭(情報科学科・助教)
「イメージセンサーの発達と今後」
真空管からCMOSまで,イメージセンサーの発達の歴史を簡単に紹介し,
講演者が携わっている高感度/高機能イメージセンサーの開発について
お話ししたいと思います。

18:20~19:00
狩野 芳伸(情報社会学科・准教授)
「人工知能の現状とこれから~自然言語処理を中心に」
人工知能の中でも自然言語処理を中心に、その現状を大学入試の自動解答、対話
システム、テキストマイニングなど講演者が関わっている研究事例を通じてご紹
介します。

<協賛>
サイエンスカフェ in 浜松

Categories: 開催予告 | 2015年度第3回サイエンスカフェプラス(通算第27回)を情報学部情報学研究推進室のイベントを協賛して開催します はコメントを受け付けていません。

2015年度第2回サイエンスカフェプラス(通算第26回)を情報学部情報学研究推進室のイベントを協賛して開催します

今年度2回目のサイエンスカフェプラスinはままつのご案内です。
案内が直前になり申し訳ありません。

今度のイベントも前回に引き続き、情報学部の情報学研究推進室が主催するイブニングセミナーを協賛する形で開催いたします。
どうぞ、お誘い合わせの上ご参加ください。

場所がいつもの高柳記念未来技術創造館(浜松キャンパス南端)ではなく、情報学部第2号館(浜松キャンパス北端)2階の情24教室となりますので、ご注意ください。

☆☆☆有志スタッフも募集しています。是非ご連絡ください☆☆☆

========================

浜松キャンパスの教員や学生が交流できる「情報学イブニングセミナー」の
ご案内です。
今回は脳機能測定で著名な国立精神・神経医療研究センター神経研究所の
本田学さんをお招きし、情報学と関連の深い「脳に安全な情報環境をつくる
ウェアラブル基幹脳機能統合センシングシステム」(CREST研究の成果)に
ついて話題提供していただきます。

本田先生は内科医で認知症の診察もされており、放送大学の講師です。
今回は先端研究について「分かりやすく」お話しいただきます。
夕方なので教職員も参加しやすいと思います。異分野研究者や事務職員、
学部学生も歓迎です。近隣の方も参加歓迎です。奮って参加して下さい。


第5回 情報学イブニングセミナー
日時:  10月9日(金)17:00-18:50
場所:  情24教室
講師:  本田 学
 国立精神・神経医療研究センター神経研究所
 神経研究所 疾病研究第七部 部長
  脳病態統合イメージングセンター 副センター長

タイトル: 「ウェアラブル脳機能モニタリングを応用した『情報医療』開発」

http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/ryoikiarchive/sen/theme/theme_h19/Honda.html
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/research/s-houkoku/h24_1102honda.pdf

講師紹介: 本田 学

 1988年京都大学医学部卒業。京都大学医学部附属病院、
静岡県島田市立島田市民病院で神経内科・一般内科研修。
1995年京都大学医学研究科博士課程脳統御医科学系脳病態生理学講座修了
 米国国立保健研究所訪問研究員、
 京都大学医学研究科附属高次脳機能総合研究センター研究員、
自然科学研究機構生理学研究所助教授を経て2005年9月から現職。
文部科学省学術調査官、科学技術・学術審議会専門委員を務める。

研究テーマ:
 ハイパーソニック・エフェクトを応用した「情報医療」
身体と心の共通制御神経機構の解明、感性脳機能のイメージング、
非侵襲脳刺激による機能的治療法の開発など。

竹林洋一@情報学推進室

Categories: 開催予告 | 2015年度第2回サイエンスカフェプラス(通算第26回)を情報学部情報学研究推進室のイベントを協賛して開催します はコメントを受け付けていません。

2015年度第1回サイエンスカフェプラス(通算第26回)を情報学部情報学研究推進室のイベントを協賛して開催します

長らく開催が空いて申し訳ありませんでした。

今年度最初のサイエンスカフェプラスinはままつのご案内です。

今年度最初のイベントは、情報学部の情報学研究推進室が主催するイブニングセミナーを協賛する形で開催いたします。
どうぞ、お誘い合わせの上ご参加ください。

場所がいつもの高柳記念未来技術創造館(浜松キャンパス南端)ではなく、情報学部第2号館(浜松キャンパス北端)となりますので、ご注意ください。

情報学部に最近来られた新任の教授、准教授の先生方の研究紹介が中心となります。

☆☆☆有志スタッフも募集しています。是非ご連絡ください☆☆☆

========================
【開催要項】
2015年度 第1回情報学イブニングセミナー
「生命、脳、音声から探る情報学」

<日時> 
平成27年6月8日(月) 17:00-18:50

<場所> 
静岡大学 情報学部2号館 24教室

<演題・演者>
「高次元データの統計的モデリング」情報学部 情報社会学科 荒木 由布子 准教授
「身体知覚の時空間的適応性」情報学部 情報科学科 宮崎 真 教授 
「音声情報処理 -過去・現在・未来-」情報学部 情報科学科 西村 雅史 教授

========================

Categories: 開催予告 | 2015年度第1回サイエンスカフェプラス(通算第26回)を情報学部情報学研究推進室のイベントを協賛して開催します はコメントを受け付けていません。

2014年度第4回サイエンスカフェプラス(通算第25回)が開催されます

サイエンスカフェプラスinはままつのご案内です。

7月開催のお知らせです。

☆☆☆有志スタッフも募集しています。是非ご連絡ください☆☆☆

========================
日時:
7月24日(木) 18:00~20:00(多少延長することもあります)

場所:
静岡大学高柳記念未来技術創造館(静岡大学浜松キャンパス内)

おはなしその1
荻野明久(工学研究科電子物質科学専攻)
テーマ:「プラズマ技術の新しい展開」
概要:日常生活で使用する製品の名称や技術を通して、
「プラズマ」という言葉を耳にする機会があります。雷や炎、太陽などといった
自然現象もプラズマにより成り立っていると言え、「プラズマ」は身近な存在な
のかもしれません。さまざまなプラズマの中で、人と社会に役立つプラズマ技術
と展開について紹介します。

淺野みさき (静岡大学情報基盤センター)
テーマ:「静大テレビジョンからみた静岡大学」 と「気軽に色の体験-オーラソーマ-」
概要:静岡大学テレビジョン」(略称:静大TV)は2013年4月に創設された
クラウド&クラウドコンピューティング(Cloud & Crowd Computing)による
静岡大学公式のWEB動画サイトです。
「静大TV」は、静岡大学の概要、活動内容などを多くの皆さまに動画でお伝えしています。
組織活性化の効果や地域活性化の可能性、日々の取り組みについてご紹介させていただきます。
後半では、「オーラソーマ」についてご紹介をさせていただきます。
今回は、色の意味やイクイリブリアムと呼ばれるボトルを実際に選んでみましょう。
きれいな色を見ているだけで、癒されていきます。

========================

Categories: 開催予告 | 2014年度第4回サイエンスカフェプラス(通算第25回)が開催されます はコメントを受け付けていません。

2014年度第3回サイエンスカフェプラス(通算第24回)が開催されます

日時:
6月26日(木) 18:00~20:00(多少延長することもあります)

場所:
静岡大学高柳記念未来技術創造館(静岡大学浜松キャンパス内)

おはなしその1
田村敏広(情報学研究科情報学専攻社会系情報学分野)
テーマ:「「振り込め詐欺」の会話分析」
概要:
私たち言語コミュニケーションには意識・無意識的に色々な戦略が潜んで
います。もちろん「振り込め詐欺」にみる会話も例外ではありません。
「振り込め詐欺」の会話(実録)を分析し、そこで用いられるさまざまな
会話の戦略を紹介します。人はなぜ「振り込め詐欺」被害に遭ってしまう
のかが見えてくるかもしれません。

おはなしその2
渡邊 実 (工学研究科電気電子工学専攻)
テーマ:「FPGAデザインコンペティションについて」
概要:
当研究室では国際会議で開催されているFPGAデザインコンペティションに
挑戦している。集積回路の設計スキルを競い合うコンペティションで、当研
究室では2010年の世界第二位以降、4度連続の世界チャンピオンになって
いる。当活動について紹介をしたいと思います。
========================

また,次回のサイエンスカフェプラスinはままつは7月24日に
開催を予定しております.

Categories: 開催予告 | 2014年度第3回サイエンスカフェプラス(通算第24回)が開催されます はコメントを受け付けていません。