browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

2015年度第2回サイエンスカフェプラス(通算第26回)を情報学部情報学研究推進室のイベントを協賛して開催します

Posted by on 2015年10月8日

今年度2回目のサイエンスカフェプラスinはままつのご案内です。
案内が直前になり申し訳ありません。

今度のイベントも前回に引き続き、情報学部の情報学研究推進室が主催するイブニングセミナーを協賛する形で開催いたします。
どうぞ、お誘い合わせの上ご参加ください。

場所がいつもの高柳記念未来技術創造館(浜松キャンパス南端)ではなく、情報学部第2号館(浜松キャンパス北端)2階の情24教室となりますので、ご注意ください。

☆☆☆有志スタッフも募集しています。是非ご連絡ください☆☆☆

========================

浜松キャンパスの教員や学生が交流できる「情報学イブニングセミナー」の
ご案内です。
今回は脳機能測定で著名な国立精神・神経医療研究センター神経研究所の
本田学さんをお招きし、情報学と関連の深い「脳に安全な情報環境をつくる
ウェアラブル基幹脳機能統合センシングシステム」(CREST研究の成果)に
ついて話題提供していただきます。

本田先生は内科医で認知症の診察もされており、放送大学の講師です。
今回は先端研究について「分かりやすく」お話しいただきます。
夕方なので教職員も参加しやすいと思います。異分野研究者や事務職員、
学部学生も歓迎です。近隣の方も参加歓迎です。奮って参加して下さい。


第5回 情報学イブニングセミナー
日時:  10月9日(金)17:00-18:50
場所:  情24教室
講師:  本田 学
 国立精神・神経医療研究センター神経研究所
 神経研究所 疾病研究第七部 部長
  脳病態統合イメージングセンター 副センター長

タイトル: 「ウェアラブル脳機能モニタリングを応用した『情報医療』開発」

http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/ryoikiarchive/sen/theme/theme_h19/Honda.html
http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/research/s-houkoku/h24_1102honda.pdf

講師紹介: 本田 学

 1988年京都大学医学部卒業。京都大学医学部附属病院、
静岡県島田市立島田市民病院で神経内科・一般内科研修。
1995年京都大学医学研究科博士課程脳統御医科学系脳病態生理学講座修了
 米国国立保健研究所訪問研究員、
 京都大学医学研究科附属高次脳機能総合研究センター研究員、
自然科学研究機構生理学研究所助教授を経て2005年9月から現職。
文部科学省学術調査官、科学技術・学術審議会専門委員を務める。

研究テーマ:
 ハイパーソニック・エフェクトを応用した「情報医療」
身体と心の共通制御神経機構の解明、感性脳機能のイメージング、
非侵襲脳刺激による機能的治療法の開発など。

竹林洋一@情報学推進室

Comments are closed.

  「サイエンスカフェ in はままつ」は静岡大学・浜松キャンパスの教職員の有志によって運営されています.